Occupational therapy

作業療法(OT)

作業療法室

「作業」に焦点を当てた治療・指導・援助が「作業療法」です

作業療法は「人は作業を通して健康や幸福になる」という基本理念と学術的根拠に基づいて行われます。

ページの目次
    Add a header to begin generating the table of contents

    lavender作業療法とは

    作業療法とは、OT(occupational Therapy)と呼ばれ、身体や精神の障がいのある方、またそれが予測される方に対し、体や手を動かすなどの作業活動を用いて、治療、指導および援助を行う治療です。

    内容について

    手工芸では刺し子、クロスステッチ、ネット手芸、エコクラフト手芸、スキルビーズ作品を主に用いています。

    物づくりが苦手な方でも、塗り絵や脳トレに取り組んだり、雑誌を見たり、エアロバイクやステッパーなどの運動器具で体を動かすことも作業と言えます。

    外出活動や調理活動など日常生活に必要な技能の練習も行います。他にも映画鑑賞や飾り作りなどの集団活動を適宜行っています。

    たくさんある活動の中から、患者さまひとりひとりの症状やご希望に合う作業を相談しながら選び、作業の量や取り組み方や時間・環境などを整えます。

    lavender期待される効果について

    などの効果が期待されます。

    lavender利用について

    入院・外来のどちらでも利用可能です。
    現在は新型コロナウイルス感染予防のため、外来作業療法は実施しておりません。

    精神科作業療法の経験のない方のために、見学参加も随時受け付けています。担当医にご相談下さい。
    プログラムの内容、参加の仕方などのほか、個別の悩み、困っていることについても支援していきます。

    「このような悩みでもいいのだろうか」などのご相談がありましたら、お気軽にお電話でお問い合わせください。

    精神科
    心療内科
    神経内科
    内科

    0766-29-0530

    電話対応可能時間
    月~金曜 9:00~17:00

    Scroll to Top