Home-visit nursing

訪問看護

精神科訪問看護とは

精神に障がいをお持ちの方やそのご家族が、安心してご自宅や地域社会の中で生活できるよう、看護師・精神保健福祉士・作業療法士が定期的にご家庭に訪問し、必要な支援を行います。
病気のことに限らず、日常生活の相談や援助など、様々な支援を受けることができます。

ページの目次
    Add a header to begin generating the table of contents

    lavenderこのような方におすすめ

    精神訪問看護 こんな方におすすめ

    「こんな事で困っている…」「こんな事がしたい!」
    ご要望や課題は人それぞれ異なります。
    訪問看護では、その人らしく、生き生きと生活できるように支援します。

    lavenderサービス内容

    ※訪問時間は30分~1時間程度です。

    医療支援

    • 心身の状態の観察
    • 服薬管理・服薬ができるように支援
    • 診療中断の防止

    日常生活支援

    • 洗顔、整髪など身だしなみを整える支援
    • 整理整頓・掃除など、身の回りを整える支援
    • 金銭管理などの能力向上のためのアドバイス

    就労支援

    • 本人の希望や特徴にあった仕事を共に考える
    • 就労開始後も継続していけるためのサポート
    • 日中活動に向けた助言や援助

    家族支援

    • 当事者を支えるご家族の支援
    • 様々な制度についてのアドバイス
    • 問題を乗り越えるお手伝い

    lavender利用料

    精神科訪問看護料として自立支援医療(精神通院)制度を利用できます。

    詳しくは駅南あずさ病院までお問い合わせください

    「このような悩みでもいいのだろうか」などのご相談がありましたら、お気軽にお電話でお問い合わせください。

    精神科
    心療内科
    神経内科
    内科

    0766-29-0530

    電話対応可能時間
    月~金曜 9:00~17:00

    Scroll to Top